日時/平成28年9月29日(木)バイヤー様対象(10:00~15:00)10月1日(土)一般開放日(10:00~14:00)場所/志摩市商工会館 多目的ホール

商品一覧

カテゴリ:スイーツ

芋蜜ロールケーキ きんこ芋工房 上田商店「干し芋屋が作る、ちょっと”雅”なスイーツ」がテーマです。
志摩特産のハヤト芋(きんこ芋の原料)で作る芋蜜シロップをたっぷり使用した「芋蜜クリーム」を、ふわふわの生地で巻いた、ロールケーキです。
希少な芋蜜の風味と、自然な甘さがお楽しみいただけます。
パッケージには当商店オリジナルの「干し芋判じ絵」の巻紙で、新しくもどこか懐かしいパッケージとなっております。
クルミット ふじや山下外側は、レモン風味のクッキー生地で、中にはクルミとアーモンドのキャラメルでからめてあり子供から女性、辛党の男性にまで人気があります。
クルミットとは、元々スイスのエンガディー地方(クルミの産地)の銘菓ですが、私どもでは日本人の嗜好に合うように、柑橘類を使用したり、味に深みがあるよう工夫を重ね完成させました。
志摩ブランド認定 あおさ塩ようかん 大 菓子工房シマヤ【商品の特徴】
あおさ海苔入り塩ようかん。甘さひかえめで、磯の香り豊かな塩味の羊羹です。塩は「真珠の塩」を使用
真珠の故郷英虞湾を抱える志摩市は、あおさ海苔(ヒトエグサ)の生産日本一です。この特産物を生かした商品として誕生しました。
【商品のこだわり】
あおさ海苔をふんだんに使った磯の香りの塩羊羹です。お菓子とアオサの取り合わせは、アオサの香りが強いために難しいものでした。磯臭さを抑えつつ、あおさの香りを残すために少量の抹茶を使い、コクを出すために小豆漉し餡を加えました。これらを丹念に練り合わせ、味わいの濃厚なタイプの羊羹ができあがりました。また伊勢志摩の海にちなんで、塩味にしました。
【その他】
塩は南伊勢町の「真珠の塩」を使っています。磯の香り豊かな、後を引く味わいです。是非ご堪能ください
魔法の味 アーモンドパイ 洋菓子の潮騒パイ生地にアーモンドケーキ、生クリーム等を混ぜ合わせた甘味をおさえた商品です。
又、あおさアーモンドパイは、地元志摩でとれたあおさをふんだんに使用した商品です。
一段と高級感があるように仕上げました。
あおさ~スコーン 志摩地中海村平成26年に志摩市商工会にて開催された「めざせ海藻甲子園」の最優秀賞作品(志摩高校)を商品化しました。
生産量日本一の志摩産あおさを使用したあおさの風味豊かなスコーンです。
さくっとした口当たりは紅茶やコーヒーとの愛称も抜群です。
蜂蜜やメープルシロップ、さらにはオリーブオイルと塩などを添えて頂くとなお一層美味しく召し上がっていただけます。
志摩のあおさいっパイ 有限会社 お菓子職人おとべ三重県はああおさ生産量日本一でその中でも志摩市の生産量は多く、そのあおさを使って相可高校の生徒が考案し志摩商工会主催「里海うまいもんコンテスト」で最優秀賞を受賞した作品を、相可高校・志摩商工会・弊社と三者でコラボした商品です。
あおさクッキーアイス(志摩高アイス) 株式会社 利八屋三重県産あおさを使用したクッキーアイス。
三重県立志摩高校調理クラブにて開発されたアイスクリーム
志摩市商工会主催の旨いものコンテストにて【優秀賞】受賞作品です。
ところ天フルーツ 洋菓子の店エンゼル志摩地方では、昔から海女さんが漁師の合間に天草からところ天を作り食べる習慣がありました。
だし醤油やポン酢をかけた中に玉葱やニラを入れて食べたりと・・・
今回志摩に伝わるところ天を若い人達、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しんで食べて頂ける志摩スイーツです。
のりのりパイ (10枚入り) 洋菓子の店エンゼル志摩市阿児町国府は、サーフィンを楽しむ若い方が沢山。
サーフボードに波がかぶさるイメージと志摩の特産品のひとつでもあるあおさをスイートポテトに練り込みました。
下のパイはサクッと上のスイートポテトはしっとり焼き上がっています。
一口食べれば、あおさの風味が口いっぱい広がります。